スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*いちご酵母ぱ・・・・・・・*

・・・・・・・・ん? ``r(^^;)ポリポリ

本当なら ここに で~~~んといちご酵母のパンが載るはずだったんやけど
それがまた 恐ろしい結末を迎える事になりました。。

と言うのも 昨日からHBでの捏ねを2回、天然酵母コースで
一次醗酵の終了まで。。 その後 オーブンで一時醗酵の続き・・・
・・・と ここまでま 良かったようなんだけど

その後 生地を2分割して 長く伸ばし バゲットのような形にしました。

そう・・・ ここまでは普通(多分)→ 604_4.jpg

この後 二次醗酵に入ったのですが この時 時間を長く取り過ぎて
朝起きて見たら なにやら表面に穴ぼこが た~~くさん!! w

  げ~~~~~っ!! コレって醗酵し過ぎてるんとちゃうん???
  めちゃくちゃ ショック

そやけど 焼かないでこのままにするのも可哀想やと 焼く事にした。。

   ここからは・・・ 勇気のある人だけ読んで下さい。。
   恐ろしい結末に 貴方は耐えられるか!! 


続きを読む
スポンサーサイト

*りんご酵母の食パン*

今回も ちょっと高さが無かったような^^;
でも ちゃんと皮はしっかり 中はふわっと焼けています♪

516_6.jpg

一次醗酵は、昨夜8時前にHBから取り出した後 2時間。。
その後一晩掛けて室温で醗酵 そして今朝から3時間半ほどオーブンで。。

ボウルの中で かなり膨らんで ふんわりしてました♪
でも ガス抜きして ベンチタイムをとり
その後 成形して食パン型に入れたのですが
どうも生地の量が足らないように見えました・・・ (^◇^;)

二次醗酵後も 生地は倍以上に膨れたので 焼いたのですが
ふくらみは今一???

次回は 生地の量も増やさないとね

だけど 前回のカンパーニュほど固いパンでもありません^^
それに 二つに割った時の良い香り
これは・・・ 本当に癖になります(笑)

今日は 途中工程から メロンぱんと一緒に同時進行で作っていたので
写真は 撮っていませんが 出来上がり写真だけでお許しを~~^^;

これは トーストして食べようかな

*パン・ド・カンパーニュ*

今日焼いていた りんご酵母ちゃんのパンは 夜9時半頃焼き上がり
こんな姿になりました♪^^

513_15.jpg

本に載ってた パン・ド・カンパーニュ。。
パリッとした皮で フランスパンの仲間のよう^^

ソフトな感じは全く無く ハードなパンになりました♪
中も 沢山の空気の穴が開いています。
フランスパン 大大好きなので嬉しいです!!

パンの表面は こんな感じで 小さな空気の泡みたいなのが見えるでしょ? 

513_16.jpg

ドライイーストで作ったパンとは 肌が違うように思いました^^
形も歪で クープも上手く入れられず(浅過ぎた) なんだか不恰好ですが
ちゃんとパンになってくれました

焼く前の写真  513_13.jpg

ざるにふった強力粉が多かったので 粉まみれ^^;

オーブンの220℃で30分。。

513_14.jpg

焼いている間は 覗いて見てばかりでしたが どんどん膨れて
しっかり焼けてきているのが判った時は 嬉しかった

長く時間がかかって やっと出来たパン2つ。
明日の朝 切って軽くトーストしたら 低脂肪のマーガリン塗って
食べる事にします!^^

今日の一日は とっても長く感じました。
でも その長い時間の間に 色んな事を感じ 勉強にもなりました^^

少し下の記事にも書きましたが ドライイーストがどんなに便利で
有難い材料だったかと言う事。。
天然酵母が醗酵するまでには 色んな条件で時間が変わってくる事。。
こんな風に 手間をかけ生地を大事に思いながら 毎日パンを焼く職人さんの気持ち。。
自然の力の偉大さ。。

単に 『パンを焼いた』 と言う一言では言い表せないような経験でした。

前回の失敗で 不安も増大し 今日も出来上がるまではドキドキしてましたが
今は 焼いてよかった!!って思えます♪^^
時間が掛かる分 毎日のようには焼けないけど また機会見つけて
りんご酵母ちゃんを使ったパンを焼きたいです!!

こうやって最後まで焼けたのも みなさんが応援して下さったからだと思います^^

           どうもありがとうございました♪

*二代目りんご酵母でパン作り2*

朝 6時半から始めたパン作り^^
ようやく 後少しで出来上がる所までやってきました
途中で本屋さんへ行ったり 買い物に行ったりしましたが
お天気も悪かったし 寒いし・・・ その分 ゆっくりパン作り出来ました♪

細かい写真の連続UPになるので 見難かったらごめんなさいね^^;
先ずは HBから取り出して直ぐの生地です 

513_6.jpg

これから 再度、オーブンにて一次醗酵の続き。。

オーブンの時間設定は 最高で120分なので 生地の様子を見ては
再度 再々度 醗酵時間を追加し 合計7時間半程続けました。
すると・・・

いい具合に膨らんできましたよ♪ 

513_7.jpg

表面がガスで膨らんでいるの判ります? 

513_8.jpg

そろそろ一次醗酵も終了できそうです!!

指に粉をつけて 真ん中を押してみました。。
そしたらね~^^

こんな風になりました! 513_9.jpg

決して おへその写真ではありませんよ。。
私は こんなに色白ではありませんから・・・ ( ´艸`)プ
                ・・・って 冗談はさておき。。(ホッとしたのでお許しを^^;)

この後 ボウルから取り出し パンマットの上で2分割しました。
(小さめのパンを焼くつもりなので)

生地を広げてみたら・・・  513_10.jpg

結構 薄く伸びてくれました^^
    *旦那に頼んで撮ってもらいました(笑)

ベンチタイムは30分
その後 再度丸めなおし 竹ざるの中に入れました^^
    *ざるには強力粉をたっぷりふってあります。

513_12.jpg

少し 生地がベタッとした感じに見えますが・・・ 大丈夫かなぁ^^;
生地は 丸めて閉じ口を上にして入れているので
モニョモニョってなっているのは 仕方ないのですがね。。

このまま オーブンで2時間 二次醗酵中です!!
後30分程で 終わると思うので その後焼き上げてみたいと思います^^

美味しいパンになってね~~♪^^ 楽しみに待ってるよん

*二代目りんご酵母でパン作り1*

今日は 朝起きたてからパン作り開始~~^^
まだ 生地はHBの中で AM10:40には HBでの一次醗酵が終わる予定です。

前回 大失敗をしたので 今回もあんまりいじらず
シンプルなパンになる予定です。。
形も 違う物に挑戦しようかと 大それた事を考え中^^;

513_2.jpg

生地の量は 今回参考にさせて頂いている本の分量より減らし
ベーカーズパーセントで粉の量から計算しました^^
私は モルトの粉は持っていたのですが モルトシロップは無かったので
これで代用する事に・・・(大丈夫かなぁ

この本 自家製酵母パン工房の『パオ』と言うお店の
店主(林 耕生さん)が書かれているのですが そこに書かれていた文章に
とっても心打たれました。。

        513_4.jpg

一部簡略化して 少しご紹介すると

  レシピ通りに作っているのに 本と同じパンが焼けない。
  これが 多くの方が最初にぶつかるケースだと思う と・・・

  その時 師事していた方に相談したら
  「パンになるまで 君のパンはどんな顔をしていましたか?」と質問され
  言葉につまると同時に ハッと気付いたそうです。。

  温度やレシピ、工程などばかりに気をとられ 生地がパンに育って行く過程
  それぞれのパンの表情が見れていなかった と・・・。

  酵母は生き物で 天然酵母のパンは作るというより
  育てるという意味が強い物
 だと書いてありました。

  そして パン生地の機嫌をみながら パンを焼き
  最初はレシピを守り 次に失敗をしっかり抱きしめながら
  工夫して何度も繰り返し焼いてみる事が大事なんだ
 と・・・

天然酵母でパンを焼く事は とっても奥が深く それと同時に 普段使っている
ドライイーストが どれだけ便利で手軽な材料なんだろう と感じました。。

あまり難しい話は 私には不似合いですが^^;
やっぱり 何でも作る時には 気持ちを込めて 素材を大切に扱わなければ
いいものは出来ないんだ。。って 実感しました。

今 HBの中にあるパン生地が 今夜 美味しいパンになってくれるように
時間ゆったり余裕を持って パンのご機嫌見ながら 焼き上げたいと思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。